股関節痛

  ・股関節の痛み、違和感
   
   股関節の痛みで来院される方は女性が多いですね。
   
   これは大腿骨の骨頭を受ける側の骨盤部の受け皿が
   女性の方が浅いからだと言われています。
   
   片足側にいつも重心をかけた立ち方をしていませんか?
   何気ないこの姿勢も股関節にはとても大きな負担に
   なっています。
   
   大腿骨の骨頭は受け皿から飛び出してしまう方向に
   体重の数倍の力が掛かります。
   
   あるいは女性は出産されたり、横坐りをされる方も
   多いですよね。
   
   レントゲンでも写らないような股関節のわずかなズレ
   が痛みの原因です。
   
   股関節に問題がある場合は股関節に痛みを感じずに
   腰痛、膝痛、足首、足の指などに痛みを感じる場合も
   あります。
   
   また、逆の場合もあります。
   
   腰痛、膝痛で来院された方が、実は股関節が原因だった
   なんて症例も多々あります。
   
   
   靴下を履くのがつらい、あぐらをかけない、
   和式トイレでしゃがめない、
   
   あなたはどうでしょうか?
   
   「股関節の治療はどこへ行ったら良いか分からない」
   
   「どんな治療をしたらいいか分からない」
   
   このような方のお役に立てればと思っております。
   
   
   【股関節の治療】
   
   股関節の症状は大腿骨の骨頭が骨盤の受け皿の
   正常な位置、角度に収まってないと痛みが出ると
   思われます。
   
   あるいは、骨頭と受け皿のクリアランス(軟骨のすり減り)
   も問題です。
   
   これらを股関節まわり、骨盤まわりの筋力の均等性を調整
   して、正しい位置、角度に収まるように施術して行きます。
   
   股関節も基本的に揺らす、軽く引っ張る、軽くねじるなどの
   施術です。
   
   やさしい刺激を与えることにより筋力バランスを整えます。
   
   
   
   整形外科の先生に相談したが、手術するしかないと
   言われたが、、、、、でも嫌だと思っておられる方、
   こんな方はご相談下さい。

このページの先頭へ